早期経済的自由達成には節約が超超重要。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

早期経済的自由達成には節約が超重要。

長期経済的自由達成には節約が非常に超重要になります。

総資産×運用利回り>支出

となれば経済的自由は達成になりますが。

総資産×運用利回り+(前年度収入ー前年度支出)×運用利回り>本年度の支出

になるからです。

式だけ見ても非常にわかりずらいので、シミュレーションをして、グラフにしてみます。


想定

・サラリーマンいんべす君、22歳。

・総資産0円スタート。

・手取り年収500万円

・年間支出(400万~100万)支出は各想定固定とする。

・(手取り収入-年間支出)は配当利回り2.5%のETF(VIG米国株連続増配銘柄ETFを想定年間6%増配)に投資

・(手取り収入-年間支出)はインフレ+給料UPに考慮し年間2%増

・配当は再投資

・総資産×運用利回り>支出を上回った時点で、退職し配当金のみの生活。

・退職後の配当金はすべて使い、再投資は一切せずETFの増配のみ(年6%)

シミュレーション結果は下記のとおりです。

各支出ごとの経済的自由年数は

・年間支出100万 8年後経済自由達成

・年間支出150万 11年後経済自由達成

・年間支出200万 14年後経済自由達成

・年間支出250万 17年後経済自由達成

・年間支出300万 21年後経済自由達成

・年間支出350万 26年後経済自由達成

・年間支出400万 31年後経済自由達成

となりました。

感想

このシミュレーションをしてみて、感じたことはやはり節約はかなり大事であり、早期に退職し最初は貧困でも意外と何とかなるということ。

早期に節約し、生活レベルを落とせばかなりの速さで経済的自由が達成される。

年間支出100万円とかむちゃくちゃなシミュレーションだが、不可能ではない。

22歳で高校卒業と同時に、実家暮らしのまま就職。家賃などはかからないので月8万円の超節約生活で8年間生活をすれば、30歳で配当金が100万円になり支出を上回り、経済自由を達成できる。(さらにお金が欲しければ好きなことでお金を稼ぐことも可能)

配当金は6%増配を見込んでいるので

42歳で200万

54歳で400万

66歳で800万円と増加していく。

各支出のシミュレーション結果からも、経済自由達成後の60歳時点の配当金は600万~850万とさほど大差がない。

そして、高齢になればなるほど体力が低下し健康リスクも増大するので早期に退職するのは非常に価値があると思う。

1度きりの人生なので、若いうちに資産運用をして、資本主義を味方につけ経済自由を達成してやりたいことをやる人生にしたほうが絶対良いと思う、早期退職で最初は貧困になるかもしれないが、増配により余裕が出てくるので、必要最低限の支出に抑え早期退職を達成したほうが良いと感じた。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー