【ネタ】コーラ1本買うと株主に還元額はいくらになる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 52

こんにちわ、いんべすです。

ある日会社の上司に理不尽な説教を受けました。そんな日の昼休み、会社の上司が自動販売機でコカ・コーラ500mlをゴクゴクとおいしそうに飲んでるじゃありませんか。

それを見た私は、

ふはははwありがとうございます。さっき理不尽に激高して説教していた相手はコカ・コーラ120株保有している株主なんだよ。私の利益になってくれてサンキュー上司♥

など、くだらないことを考えているとふと思ったことがあります。

あのコカ・コーラ500ml(160円)がいくら私の手元に返ってくるのだろうかと。

実際に計算してみた。

まず、マネックスの米国株厳選レポートブックからザ・コカ・コーラカンパニーの去年の総売り上げを調べます。

418,63.00(mUSD)と表示されていました。

これを日本円に直すと、

41863×100万×112円=4,688,656,000,000円

約4兆6887億売り上げたことになります。

私の上司は総売り上げにどのぐらい貢献したか計算してみます。

上司は160円で自動販売機から買いましたが、実際コカ・コーラに入る売り上げは、自動販売機設置者、卸業者、送料などいろいろ引かれます。

コカ・コーラにいくら売り上げが入るかはわかりませんので、仮で60円と設定します。

60円÷4,688,656,000,000円=0.000000000012%も貢献してくれていますw

そして、私の上司が購入したコカ・コーラ1本は1株当たりの純利益に換算しますと、

1株当たりの純利益は1.51$なので、

1.51$×0.000000000012×112円=0.00000000216円

120株(いんべすの保有数)×0.00000000216=0.000000259円

という結果になりましたww

全くと言っていいほど、手元に入ってきていませんwww

1円にもなっていません。w

やっと1000万本売り上げてやっと約2.6円ほど私の利益となります。

ちなみにコカ・コーラの大株主であるウォーレン・バフェットだと4億株保有しているので

0.00000000216×4億=0.216円です。

上司が10本飲めば2.16円入ってきます。

バフェット恐るべし。

(ざっくりとネタで計算していますので、細かいところは目をつぶってくださいw)

まとめ

おそらく、1本ぐらいじゃ全く株主に影響はないと思い、ネタで計算しましたが、いざ現実的な数字が出ると衝撃的でした。

コカ・コーラの株主になってから、のどが乾いたらが飲みたかったら、バフェットの真似をして積極的にコカ・コーラを購入して飲んでいましたが、

いんべすコカ・コーラ株主の利益<デブって成人病にかかるリスク×それに伴う医療費

なので、やはり健康志向でいこうw

ここまで読んでいただいてありがとうございます!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー