投資オフ会はなぜ楽しいのか考えてみた。

去年ノリで投資オフ会を開催したら、初対面であることが大半であるのにもかかわらず、非常に盛り上がるし楽しくて有益な情報交換ができる場であることを知りました。

そこで、とても楽しくない代表格の会社の飲み会と比較して、ストレス、情報、人脈、時間、金銭面リスクの面から独断と偏見で考えてみたいと思います。

会社の飲み会

ストレス面

私は会社の飲み会は、非常にストレスに感じることが多いです。

そもそも、普段から、家族より長時間いる会社の人間と飲みたくないというのが本音です。

会社の飲み会は、会社での話の延長になることが多く、上司の俺は若いころは話や、お前は○○したほうがいいぞ、に始まり、平気でアルコールハラスメントをする輩もいるため、非常にストレスに感じます。

まだまだ若手である私にとっては、上司に気を使うことが多いので、やはり会社の飲み会というのはストレスになります。

情報面

得るものはほとんどないと感じています。グダグダと会社内の人間の愚痴を言うことや、会社の延長線上の話しになることが多いので、わざわざ飲み会を開いて話す内容でもないです。

人脈面

会社内のコミュニティで開催されるのでほとんど増えません。

たまーに、グループ会社の人がいるくらいでしょうか。

時間

無駄

この言葉に尽きます。この時間があったら他のことに時間を当てたいです。

金銭面

得るものがない飲み会に対し、払うことはいわゆる浪費に当たります。

上司がおごってくれる場合は別ですが。

リスク

会社内の人間と会うので、ほとんどありません。

ただ、会社という場を介して長時間一緒にいるコミュニティになるので、上司がアルハラをしたり、飲みすぎて飲酒にかかるトラブルを起こすリスクがあります。

オフ会

ストレス面

個人的にオフ会はほぼストレスは感じません。

むしろ、普段会社や友人にはなかなか話しにくい投資の話しができるので、ストレス発散につながります。

強いてあげるとしたら、初対面の人と会うのでその緊張からストレスでしょうか?

ただ、同じ共通点をもって集まったコミュニティなので、話が盛り上がり一瞬で緊張なんて消えます。

 

情報面

有益な情報を得ることが多いです。

投資にはいろいろな方法がありますので、あらゆる投資方法を聞くことができますし、ブロガー同士の集まりであれば、ブログの運営方法等々得ることができます。

自分が得たい情報が話し合われるようなオフ会に参加することで非常に有益な会になります。

オフ会に参加して、改めて人から人へ伝わる情報というのはブログやツイッターとは全く別物でとても価値があるものだと感じています。

人脈面

今後も通じて投資に関して話し合えるような仲間ができると思います。

投資はお金に直結し、生きるための手段ともなりえるので非常に有益に人脈づくりになるのではないでしょうか?

 

時間

非常に有益。

毎回、不思議なのですが投資オフ会は一瞬で時間が過ぎてしまいます(飲みすぎているわけではないですw)

日常会話では話しずらいの共通点を持った人たちが集まると、話しても話したりないです。

そこで話し合われたことは、参考になることが多いので私は有益な時間を過ごすことができると感じています。

金銭面

一般的な飲み会料金であることが多いですが、投資家が集まるのでコスパを意識、して、某高級イタリアンでオフ会を開催すれば、一人2000円以下に抑えることもできます。

そして、自分の得たい情報を聞きに行くので、浪費ではなく自己投資になると思います。

リスク

まず、ネット上で知り合った人たちというのはリスクが付きまといます。

現にツイッターを介して発生した大量殺人や、投資オフ会なのでお金が盗まれるというトラブルが発生しているのも事実です。

私は幸運にもトラブルに巻き込まれたことはないですが、その点は気を付けていきたいと考えております。

そして、私は怪しい人間ではございませんw

あと、飲酒トラブルですが、初対面の人が多いことから、自然と飲酒量は抑えられているような気がします(個人的な感想です)

まとめ

会社の飲み会 オフ会
ストレス 非常にかかる ストレス発散につながる
情報 得るものほとんど無し 有益な情報を得られる
人脈 増えない 増える
時間 無駄 有益な時間を過ごせる
金銭面 浪費 自己投資につながる
リスク 泥酔に注意 ごく稀にに事件発生

 

以上の点から、オフ会は非常に楽しく有益に感じるのだと思います。

早く会社辞めてセミリタイアしたいw

(いんべす)
またあいましょう
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ