学歴と年収は比例する。しかし気にすることはない。

学歴と年収は比例する。

学歴なんて関係ない。という言葉はよく聞きます。

不都合な真実ですが、日本では学歴と賃金は比例をしており、学歴は大きく関係しています。

厚生労働省より

これは平成28年度の統計ですが、このグラフだと男女ともに50歳~54歳で学歴と賃金の差が一番大きく出ています。

男性(50歳~54歳)

  • 高校卒 34、7万円
  • 短大卒 39、6万円
  • 大学卒 53、52万円

この差約58%の差になります。

女性(50歳~54歳)

  • 高校卒 22,6万円
  • 短大卒 29,14万円
  • 大学卒 39,27万円

この差約56%の差になります。

男女ともに、5割以上の差が開いております。

そして、超一流難関大学の中でも年収の差が顕著に出ています。

プレジデント社より

上記に掲載している大学は誰が見ても高学歴の大学ですが、その中でも年収に大きな差が出ています。

そして、平均年収の右に列記されている偏差値と相関性があります。

すでに既卒の人はこの事実を覆すのが厳しい。

上のデータを100%鵜呑みにして、語らせてもらうと既に学校を卒業されて社会人バリバリな人はこの事実を覆すのは難しいということが浮き彫りになってきます。

仮に、年収を上げようと転職をしようとしても日本は学歴優先社会の傾向がとても強いので、転職先にもその学歴が考慮されてしまうので自分の最終学歴に似合った転職先になります。(有益な資格保有者などは別)

学歴は気にすることはない。

結論から言うと年収のみの視点から言えば学歴は気にすることはありません。

高学歴者に対する嫉妬に聞こえてしまうのですが、私はそう思っています。

日本人は勤勉で学歴重視で投資嫌いなまじめな性格です。

逆にその社会環境が学歴による収入差を容易に埋めることができる方法だと思っています。

参照:資金循環の日米欧比較, 日本銀行調査統計局

まず、現金・預金について。

 日本:52.3 %
 アメリカ:13.9 %
 ユーロエリア:34.6 %

一方、債務証券、投資信託、株式等といった「運用資産」の資産における割合は

 日本:15.1 %
 アメリカ:51.2 %
 ユーロエリア:29.7 %

データで見ても日本人は投資嫌いなのがわかります。

資本主義を味方につけるれば学歴の差は埋られる。

日本人が投資嫌いなことを踏まえて言えば、学歴の差を埋めるには投資をすることが重要になります。

投資をしないのが多数派であれば、給与所得1000万円の人の年収を投資をすることによって上回ることも可能になってきます。

ピケティ氏による新資本論であまりにも有名になった

r>g

r=資本収益率(株式や不動産から得られる収益)

g=経済成長率(労働による所得の伸び)

の公式が示す通り、株や不動産を副収入にすれば。

コカ・コーラ配当VS東京最低賃金~45年間の推移~

低学歴・低収入+株・不動産収入>高学歴・高収入の人(投資をしていない)

も可能になってきます。

 

参考:統計ラボより

私自身学歴も平均で世帯年収も平均の何の変哲もないド平均な世帯です。

しかし、就職してから投資をすることによって貯蓄額だけは平均を超えることができています。

偏差値で言うと74になり、学歴に直すと東京大学理科Ⅱ類と同じ偏差値です。

おそらく私が寝る間も惜しんで死ぬほど勉強しても東京大学に入ることは不可能ですが、早い時期から愚直なまでにも節約&節税を徹底して投資をすることによって純資産2000万円を達成することを可能にしています。

なので、ブラック起業に努めて消耗している方や低収入で悩んでる方で投資をしていない方は、騙されたと思って投資をして欲しいと思います。

まとめ

まとめ
学歴と労働による収入は比例するが、投資をすることによって学歴の差を埋めることができる。

 

また会いましょう!

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!
励みになります!!