10億円あると本当にやりたいことが見えてくるらしいので、本当にやりたいことを考えてみた。




どうも、ブロガーのアイドルフリー素材で超有名な河村友歌さんを好んで使用している、いんべすです。(お世話になっております。)

皆さんご存知かもしれませんが、私は日々の労働から解放され経済的自由を得るために日々投資をしております。

セミリタイアしたい!独立したい!という一心で投資をし続けています。

そんな中、過去の記事で投資ブロガーのあきんこさんお金があると自分にとって、本当にやりたいことが分かる!10億円あったらしたいこと

を思い出しました。

私は、セミリタイアするために日々節税&節約をして経済的自由を目指していますが、生活レベルを落としているのが基準となっているので本当に経済的自由ではないとも言えます。

なので、今回は私が10億円を手にして本当の意味での経済的自由を手にした私のやりたいことを考えてみました。

10億円を手にして私がやりたいこと。

私は昔から経営ゲームや資産運用でお金が増えていく様や配当金が増えていく様を見るのが、非常に大好きなのです。

【おすすめ】A列車で行こうは経営力を養う最高のゲーム!

実は物欲などもそんなになく、趣味は旅行になっています。

そして、それだけのお金があれば私の夢でもあるお金に困っている若者を少しでも減らす手助けをして社会貢献したいという夢もあります。

このすべてをかなえる計画を考えました。

①いんべすタワーを建設する。

まず、10億円手にしたとしても私は資産運用や経営を辞めることはまずありません、投資自体が大好きなので。

まず、不動産投資の規模を拡大すべく、10億全部つぎ込んでトランプタワーならぬ、いんべすタワーを建設したいと思います。(おそらく10億円だと数階建てのビルくらいの規模になると思います。)

商業オフィス向けの賃貸業を行い株式会社を設立します。

②いんべすタワーを担保にお金を借りる。

トランプタワーならぬ、いんべすタワーの建設に伴い10億円の不動産資産があるので、それを担保にしてお金を借りてアパートやシェアハウス等の不動産及びメガソーラーを建設する。

  • メガソーラーは地球環境問題にも貢献
  • 不動産業は社会に居住スペースを提供することができる。

③ブログを毎日更新する。

やはり、自由な時間があると、無制限にインプットとアウトプットができるので毎日ブログを更新したいと思います。

現在もできないことはないのですが、GW中に毎日更新を9日間体験しましたが、正直しんどかったですw(仕事が残っており会社に行っていたんですね実はw)

ですが、ブログを書くのも性に合っていますし備忘録的に書くことができるので自分自身の指針をしっかりすることもできるので非常に好きです。

なのでブログを毎日更新したいと思います。

④各地に旅行をしながら、各種資格を取得する。

経済的自由を手にした私は、各地に旅行を転々としながら(もちろん奥さんもつれていきますw)、お金に関する資格を取得したいと思います。

  • FP1級
  • 宅建
  • 簿記1級

等を取得して、日々資産運用の経験を活かして投資の知識も拡充させる。

⑤お金の知識を向上させたうえでお金に困らない生き方を提案するシェアハウスを開業

お金の知識を蓄えたうえで、将来お金に困らなくなるようにファイナンシャルリテラシーを着けさらに実際にお金を貯めるためのシェアハウスを開業します。

  • 対象は独身の方(男女別々の棟)
  • お金を貯めやすい環境づくりのため、低家賃を実現させるため築古物件をリフォームして開業
  • 入居者には無料で資産運用の講義及びお金のため方などを相談を受ける。

ざらっとした計画ですが、同族性のかたによるファイナンシャルリテラシーを向上させるコミュニティを作ることにより将来的にお金に困らないような方を少しでも手助けできるような人になれればと思っております。

まとめ

もし私が10億円を手に入れることができたらこのような、やりたいと思いました。

一般の方ならそれで豪邸を買って高級車を買って好きな豪遊する等々考えるかもしれませんが、私の場合はかなりの少数派な考えになると思います。

仮に1000憶であっても、シンガポールに移住して大富豪みたいな自由気まま生活をするかもしれませんが、比較的すぐ飽きると思うんですよね。

やはり、1000憶を手にしても私は投資を続けて資産が増える様を見て、増えた資産で社会貢献できるな行動をしたいと思います。

もちろん家族ファーストは大前提ですけどね^^

また会いましょう!

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。

本日も押していただけると大変励みになります!